FTX Earnとは?やり方と3つのデメリットも徹底解説!

FTX Earnのやり方とデメリット

FTXは倒産しました!

もうFTX Earnはできません。

他社のレンディングサービスなら年利8%で運用できるビットレンディングがあります。

どんなサービスだったかを解説するためにこの記事を残しています。

おろちくん

円安対策に仮想通貨投資を始めたい。
でもトレードとかは怖いから、初心者でもかんたんにお金を増やす方法ってある?

グッキー

こんな悩みを解決できるのがFTX Earnです!

私も最近他のレンディングサービスから乗り換えました。

実際にFTXEarnで稼いだ金額

なんと入金して数時間後にはもう報酬が発生していました!

特別なことは何もしていません。
ただ口座に仮想通貨を入金しただけです。

この記事ではそんなFTX Earnの内容・デメリット・やり方までを徹底解説します。

グッキー

あなたがFTX Earnでお金を増やせるようになるまで完全サポート!

目次

FTX Earnとは年利8%のレンディングサービス!

FTX Earnとは、FTX Japanが提供する仮想通貨レンディングサービスです。

なんと仮想通貨を預けるだけで年利8%もらえちゃいます!

FTX Japanの口座に保有する残高から利回り(APY=利息みたいなもの)が得られる仕組み。

グッキー

そんなFTX Earnの注目ポイントは3つ!

  • 取扱い銘柄12種類がすべて年利8%
  • 口座に預けるだけなのでめんどうな申し込みは無し
  • いつでも引き出し可能
注意点
  • 10,000$までなら年利8%
  • 10,000$以上なら年利5%
年利5%か8%になるケースはこちら

10,000米ドル相当のBTCを持っている場合

8%のAPYを得ることができます。

BTCを10,000米ドル相当、ETHを10,000米ドル相当持っている場合

この場合、BTCとETHの両方に対して6.5%の収益が得られます。(8% + 5% / 2 = 6.5%)

特定の暗号資産を8%にして、別の暗号資産を5%に指定する方法はありません。
全て同じAPYで報酬を得ることが可能です。

*10,000ドル以上相当を保有している場合は、10,000ドル分は8%、10,000ドル以上分は5%が適応されます。

例えば80,000ドル分の暗号資産を保有している場合

10,000 * 8% = 800

70,000 * 5% = 3500

(800 + 3500) / 80,000 = 5.375%となります。

FTXJapanより引用

FTX Japanの基本情報

取扱い通貨18種類
取引手数料Maker0.01~0.02%
Taker0.04~0.07%
入出金手数料無料
レバレッジ最大2倍
レンディング取扱い通貨12種類が年利8%
設立2014年11月25日

他社レンディングサービスとの比較

グッキー

人気のCoincheckと、
新鋭のBitLendingで比較してみました。

結論から言うと、一番かんたんに多くの報酬がもらえるのはFTXJapanです。

スクロールできます
会社名FTXJapanCoincheckBitLending
レンディング対応通貨12種類
BTC
ETH
XRP
SOL
LTC
FTT
DOGE
DOT
AVAX
MKR
ENJ
OMG
BAT
19種類
BTC
ETH
ETC
LSK
XRP
XEM
LTC
BCH
MONA
XLM
QTUM
BAT
IOST
ENJ
OMG
SAND
DOT
6種類
BTC
ETH
USDT
USDC
DAI
FIL
利回り(APY)5%または8%1%~5%
(貸し出し期間によって変動)
8%
報酬の受け取りタイミング1時間ごと貸し出し期間ごと毎日
手数料なしなし取引所ごとに送金手数料が異なる
貸し出し期間なし14日・30日・90日・180日間・365日の5通り最短1ヵ月
レンディング各社比較

Coincheckは送金の手間はありませんが、
申請が必要で利回りが低いです。

BitLendingは種類が少ないものの、
米$と連動したステーブルコインを3つも取扱っています。

トータル的にみてFTXJapanが一番利回りが良く申請や送金などの無駄な手間もないですね。

FTX Earnで実際にいくら増えた?

FTX Earnに15000円分のXRPを預けて、
3日で13.21円増えました

FTX Earnで実際に稼げた金額

他の取引所で余ってた仮想通貨をFTXJapanに移しただけです。
他には何も難しいことはしていません。

一年間に換算すると

15000円×0.08%=1200円

なんと、預けるだけで1年後には1200円増えるんですね!

もし100万円預けると+8万円になる計算。

グッキー

追加投資して1週間後には174円増えていました!

FTX Earnで実際にいくら増えたのか
おろちくん

うわぁぁぁ!
やらないと損じゃん!!
今すぐやるわ!

そう思ってもちょっと待ってください!
おいしい話にはデメリットがつきものです。

まずはデメリットをしっかり理解してから決めてください。

FTX Earnのデメリットは3つ

グッキー

3つのデメリットと対応策を解説します。

デメリット①年利8%以上に仮想通貨が暴落すると損する

年利8%以上に仮想通貨の価値が下がると資産自体は減ります。

年利8%もらえているので保有量自体は増えますよね?
しかし、保有通貨自体の価値が下がると資産は減るので損になってしまうんですね。

FTX Earn以外のレンディングサービスも同様のデメリットですが、FTX Earnの場合はいつでも売却できます。

相場が暴落しそうな時は早めに対応しましょう。

グッキー

ビットコインをガチホする人にとってはあまり気にならないかもしれませんね。

デメリット②保険制度はなく完全に安全ではない

もしFTXJapanが倒産してしまったり、
ハッキングにより通貨が流出した場合は、
預けた資産が返金される保証はありません。

なぜなら仮想通貨業界自体の返金保証制度がまだ法整備されていないからです。

おろちくん

ちょっとこわいな・・
やっぱりやめとこうかな。

グッキー

返金される保証はありませんが、過去の事例をみてみましょう。

2018年にコインチェックは460億円相当のNEMをハッキングにより流出しました。

ネットから遮断できるコールドウォレットではなく、常にネットに接続されたホットウォレットで管理していたからです。

詳細は省きますが、
結果的にマネックス証券に買収され、460億円相当のNEMはすべて返還されています

2022年現在、FTX Japanを含む仮想通貨取引所では、コールドウォレットでの保管が常識になっています。

グッキー

資産のすべてではなく、一部を投資するようにしましょう。

デメリット③USDTのようなステーブルコインの取扱いがない

FTX Earnは$と連動したステーブルコインは取り扱っていません。

USDTやUSDCを取り扱っていると完璧でしたね。

2022年10月時点で、
国内でステーブルコインを取り扱っているのはBitLendingです。

できるだけリスクを抑えたい人はBitLendingでUSDTを預けてみてはどうでしょうか?

取引所を分けることでリスク分散にもなりますよ。

グッキー

私はBitLendingに10万円のBTCを預けて、
月に約700円の報酬をもらっています。

デメリットまとめ

  1. 年利8%以上に仮想通貨が暴落すると損する
  2. 保険制度はなく完全に安全ではない
  3. USDTのようなステーブルコインの取扱いがない

以上3つのデメリットを許容できるならFTX Earnを始めてみましょう!

FTX Earnのやり方かんたん3STEP

  1. FTXJapanの口座を作る
  2. 仮想通貨を口座に入金する
  3. FTX Earnを始める
おろちくん

一緒にやってみよう!

STEP①FTXJapanの口座を作る

まずはFTXJapanの口座をつくります。

グッキー

口座開設自体は10分もあれば完了しますよ。

口座開設の際に本人確認に必要な書類はどれか1つでOK。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 在留カード

STEP②仮想通貨を口座に入金する

口座開設できたら、口座に仮想通貨を入金します。

入金方法は2パターン。

入金方法①日本円で仮想通貨を購入する

アプリから銀行振込で日本円を入金します。

FTXJapanに入金

入金した日本円で好きな通貨を購入。

おろちくん

ここで1つ注意点。

現在アプリでは販売所形式になっています。

販売所は簡単に購入できますが、スプレッドという手数料が発生します。

私の場合、PCでFTXにログインすると取引所で安く購入できました。

ただし日本円ではなくUSD(ドル)で購入する形です。

  1. もっていたXRPを売却してUSDを得る
  2. USDでBTCを指値注文で購入
FTXJapanで仮想通貨を購入

入金方法②他社の取引所から仮想通貨を送金する

私はXRPの送金手数料が無料のbitFlyerを使っています。

この記事ではbitFlyerの手順で解説するので、
同じように始めたい方はこちらから口座開設できますよ。

\ XRPの送金手数料無料/

  1. bitFlyerの入出金画面からビットコインを出金を選択
  2. 外部ビットコインアドレスを登録
  3. 送られてきたメールのURLをタップ
bitFlyerからBTCを送金
bitflyerの出金手続き

URLをタップすると送金用アドレスを入力する画面になります。

送金用アドレスを入手するため、
FTXJapanでビットコインの入金アドレスをコピーします。

  1. 資金を入金をタップ
  2. 入金したい通貨(今回はBTC)を選択
  3. 表示された入金アドレスをコピー
FTXJapanにBTCを入金
FTXJapanの入金アドレス表示
  1. FTXJapanからbitflyerに入金アドレスをコピペ
  2. ラベルは任意の名前でOK
  3. お客様本人を選択
  4. 国内取引所を選択
bitFlyerのBTC送付先登録
bitflyerの送付先登録
  1. 送付先は『その他』を選択
  2. FTXJPと入力
  3. 送付先を確認して保存
グッキー

FTXJPの項目がなくLiquidかな?
と思ったのですがその他でOKでした。

bitFlyerからFTXJapanに送金
bitflyerの送付先登録
  1. 2段階認証コードを入力
  2. 保存されたFTXJPへの送付先アドレスを選択
  3. 送金したい量を入力して出金
bitFlyerからFTXJapanに送金
出金手順完了
グッキー

送付アドレスが登録されたので、次回からは選択するだけですぐ送金できますよ。

STEP③FTX Earnを始める

仮想通貨が口座に入金できたら、
あとは10秒で終わります。

  1. ウォレットから『最大8%の利息を得よう』をタップ
  2. 利用規約にチェックをして『利益獲得を開始』をタップ
  3. これだけでもう完了!
FTXEarnのやり方
おろちくん

これでもう利益を得始めているよ。

グッキー

1時間ごとに報酬がもらえるので、
アプリを開くたびにお金が増えるのが楽しめますよ。

資産をただ銀行に預けているだけなのは正直もったいないです。

円安対策にもなるので、資産の一部を仮想通貨に投資してみてはどうでしょうか?

目次